株式会社フィールドリーム

仲介手数料が半額の理由

仲介手数料って、何

仲介手数料とは「宅地建物取引業法」という法律によって認められている手数料のことです。

この法律によって、不動産の仲介業者が「売主・買主」双方からいただく仲介手数料の上限が定められています。 仲介手数料は売主・買主双方からもらえる時と、どちらか片方からしかもらえない時があるのですが、双方からもらえる場合は買主側は無料にしている不動産会社が増えてきております。

新築一戸建てや中古一戸建て、中古マンションや土地などの不動産の購入をする場合、物件代金の他に諸費用が必要になります。 諸費用の内訳としては、住宅ローン関係の費用、所有権移転等の登記費用、仲介手数料、火災保険費用などが必要になります。そして、 その中でも一番高額で重い負担となるのが、実は仲介手数料なのです。

たとえば、物件価格が3,000万円(税抜)の場合、仲介手数料は103万6,800円にもなります。 フィールドリームでは、不動産の購入はもちろん、売却の場合でも、不動産売買の仲介手数料を最大で半額にさせていただきます。

一般的には、「売買価格(税抜)× 3.24% + 64,800円」の仲介手数料(税込み)が必要となるのですが、これはあくまでも宅地建物取引業法で定められた上限額なのです。 ところが、その上限額がそのまま仲介手数料代金として請求されることが多いのが現状です。 そこで、フィールドリームでは人件費や広告費などの経費を削減して、お客様の負担を少しでも軽減するために、 仲介手数料の半額サービスを実施しています。

仲介手数料半額でも、大丈夫?

不動産は、まったく同じ物件を、さまざまな不動産会社が取り扱っています。 一般の商品ならば、デパートとディスカウントストアでは、たとえ似たような商品でも、違う物が売られていて、品質などに歴然とした違いがございます。 でも、 不動産は、どこの不動産会社で買っても、同じ物件を買うことができるのです。

また、売却でも同じです。大手の不動産会社に任せても、フィールドリームに任せても、結果は変わりません。 売却価格が適正価格であれば、販売資料をきちんと作成・配布をして、指定流通機構(レインズ)に物件を登録すれば、どこに任せても同じように売却することができます。 むしろ、大手の不動産会社に任せる方が「 囲い込み 」をされて売れづらくなることもございますが、 フィールドリームでは、「囲い込み」に類することは一切いたしませんので、ご安心ください。

本当に、心配ないの?

いいことずくめの仲介手数料最大半額なのですが「本当に半額で心配ないの?」「半額だと手抜きをするんじゃないの?」と不安に思う方もいらっしゃるかと思います。 でも、ご安心ください。

フィールドリームでは、上限の仲介手数料を請求する他の業者さんと同等以上のサービスを提供させていただきます。 そして、いつでも「親切・丁寧・安心」を心がけていますので、ご安心してフィールドリームをご利用ください。

Top