インスペクション

2021年09月24日

こんにちは!本日はインスペクションについてお話ししたいと思います。住宅を購入するときには予算や建物の種類(マンションや一戸建て)を決めて考え始めると思います。また新築なのか中古などの選択肢もあります。特に新築であればそれほど気にすることはありませんが中古の場合には建物の耐久性などが気になるところです。買ってしまってから建物自体に瑕疵が見つかったりすると後々トラブルのもとになります。そのため、購入する前に建物の構造耐力上の安全性に問題がないか雨漏りなどの検査、配管などの劣化状況を調べることを行うのがインスペクションになります。この制度は平成30年4月1日から契約の項目に追加されることになりました。既存住宅状況調査技術者の資格を持つ建築士の専門家などが調査をすることになります。費用は4万~5万円程度になります。購入する建物に不安があれば検査をしてもらうに越したことはありません。仲介会社によく相談して行うかどうか決めるのがいいでしょう。